21世紀の「デカメロン」は生まれるか?

最近、コロナがEU圏でも猛威をふるいはじめましたね。

ふと(そういえばボッカチオの『デカメロン』は
ペストから避難中の男女が語るという体の
話だったな……)と思い出したら

少年隊の「デカメロン伝説」脳内再生が
止まらなくなりましたワカチコ。

今現在、学校が休みになったり
仕事の形態が変ったりと

時間に余裕が出来た間に作られた
小説やマンガなどの作品は

後に「令和のデカメロン」と
呼ばれたりして……。

とりあえず、手洗いうがいを忘れず、
笑いと睡眠で免疫力を高めて
事態を乗り切りましょう。

一日も早くコロナが終息しますように。

リコーダーで吹いた「シレジアの踊り」

先日、池内紀『消えた国 追われた人々』を
読んでたら、シレジア王国のことが
書かれていました。

かつての東プロシアの南部に位置し、
現在はポーランド領とチェコ領に
分かれています。

読んでいたらふと、小学生時代、
音楽の時間にリコーダーで吹いた曲
「シレジアの踊り」が脳内に
蘇って来ました。

「レ・レ・レ・ド・シ・
ド・ド・ド・シ・ラ・
シ・シ・レ・ソ・ラ・ラ♪」

後半シ・シ・レ・ソ・ラ・ソと
転調します。

単調で覚えやすいメロディなので
教科書の課題曲に選ばれていたのでしょうか。

ググってみたら「シュレジエン」とも
言うそうで

ヘタリアプロイセンマリア・テレジア即位後に
オーストリアさんから奪った大事なところの一つか!!
とアハ体験。

15世紀が舞台の『乙女戦争(ディーヴチー・
ヴァールカ)』で説明に使われている
地図にも「シレジア公国」の名前があります。

 すごく大雑把に説明すると
ポーランド領→神聖ローマ(ハプスブルク家
プロイセンときて

第二次大戦でソ連に占領された後、
現在に至るわけですね。

ちなみにあのルーデルさんの出身地だそうです。

こうやってバラバラに覚えていた知識の
点と点が繋がるのは濫読の醍醐味ですね。

今の教科書にも載ってるのでしょうか?

ゴボウに泥棒、バッテンボー♪に元ネタがあった……!?

この3つの単語はヤットデタマン(81~)で
悪役のミレンジョ姫とコケマツが
巨大メカを呼ぶときの呪文の一部。

正確には

「イチジク ニンジン サンショの木
ゴボウに泥棒、バッテンボー
やって来い来い巨大メカ ぶちゅぅ~」

(高々と掲げたひょっとことお多福の
お面をキスさせる)

リアルタイムだと小学生だったので
特に疑問も抱かず、聞いた通りに覚えてましたが

つい先日開高健のエッセイを読んでいたら
昔の映画『腰抜け二丁拳銃』に
「バッテンボー」という曲が出てきて……
書いてあってふと

(バッテンボーって元ネタこれでは?)
と気が付きました。有名な曲のようですし。

※正しいタイトルは「Button and Bows」で
バッテンボーでググると出ます。

公開は1948年。コメディ西部劇です。

なお『腰抜け二丁拳銃』は中島らもさんの
エッセイにも出てきてますね。

同時上映がホラーの『アッシャー家の崩壊』で
らもさんの親御さんはコメディの『腰抜け~』
だけ見るようにとロビーで待たせてたのに

らも少年は『アッシャー家』の上映中に入って
怖くて泣きだして親御さんに叱られたと
書いてありました。

思わぬところで子供時代の謎とも思ってなかった
謎が解ける、不思議……!

今度観てみようかな♪

故郷に戻って一年経ちました。

親孝行のつもりで同居しましたが
正直しんどい……。

親も歳取ったとか経済的にその方がいいとか
理由はいろいろあるとは思いますが、

些細な不満ほど積もるとつらいので
親と同居を考えてる方は本当に熟考
したほうがいいですよ……!!(力説)

決して軽い気持ちでやらないほうがいい!!

一日中つけっぱなしのテレビの爆音とか、

使ってる衣服用の洗剤のケミカルな臭いが苦手とか

風呂のお湯がめちゃくちゃ熱くて全然
リラックスできないとか

昔からあったのに加え、なんか新しい
家庭ルールが増えてて守らないといけないとか。

盆暮れなんかは「お客さん」扱いしてくれるから
そういうルールなんかも影を潜めますが
同居となると話は別です。

そりゃ親の助けになってるなと思ったり、
仲良く過ごせてれば
「戻ってきて良かったな」と思うこともありますが
結局正しいかどうかなんて誰にも決められませんよね。

もし帰ってなかったらなかったで
(親が困ってないだろうか……)と心配に
なってただろうし。

とりあえず、父が補聴器つけてくれると
私のストレスは大分軽減されるんですがね。

「めんどくさい」で終わるんですよ……。

リアル平安絵巻……!

天皇・皇后両陛下の即位
おめでとうございます!!

(『あさきゆめみし』や
なんて素敵にジャパネスク』で
見た……)と儀式を見ながら思ってた
人は結構いるはず。

十二単とか特殊な衣装は重そうなのに
フラフラしないのが流石です。

儀式のいいタイミングで雨が止んで
虹が出たとか、現れた富士山に
初冠雪とか

新たな御世を祝福しているとしか……。

 今年も台風やら何やら色々ありましたが、
乗り越えてきっと良い時代になるはず!

愛用のイヤホンが行方不明

相変わらず父のテレビが大爆音なので
耳栓が必需品ですが

愛用の耳栓が片方行方不明になってしまい
一昨日から防音イヤーマフが手放せません。

これぎゅっと密着するから長時間は
きついんだよなー。

しかも耳栓+イヤーマフでも
かなり音漏れしてる……。

一口にイヤホンといっても色々で
微妙に耳の穴と合わないのがありますし
それは買わないとわからないという……。

どこにあるかはだいたいの見当がついてるんですが
全部は引き出せないベッドの引き出しの奥の方に
転げていったっぽい。

同じのを買い直すか、新しい奴を
試してみるかが悩みどころです。

 

イヤホンと言えば以前つけていても人に
気づかれにくいのが欲しいと思ってたら
白い半透明のライブ用イヤホンというのを
見つけて買ってみたんですよ。

(これなら食事中、刑事ドラマや時代劇の悲鳴とか
怒鳴り声とか呻き声とかが少しは小さくなるかも……!)
と思って使ってみたら

自分の咀嚼音が脳内に響き渡ったオチ。

……父が補聴器つけてくれれば私のストレスは
相当減るんですけどね、人(家族)の言うことは
絶対に聞かないから……。

たまに元同僚とか同級生とかと飲み会に行くのに、
会話に困らないのだろうか?
その人たちも耳が遠いからなんとなく会話が
成立してるのか……?

au URUBANOは3Gじゃないないから買い替え割引なし!

少し前の話になりますが
auからのダイレクトメールで

「3Gスマホはじきに使えなくなるから4Gのを
買ってください。
最大21600円のクーポンもつけるから」

私はURUBANOのスマホを5年ほど使ってまして

近頃は電池の残量が残っていても突然シャットダウン
するようになっていたため、素直に替え時と判断して
ショップへ行きました。

しかし最近のスマホって大きすぎて手に余る……。
URUBANOのコンパクトさが好きだったんですが
仕方がないと比較的小さなスマホを選びました。

その際「21600円の割引があるかどうかは
機種によります」と店員さんに言われました。

私の機種は1万弱ほどが割引されるという話でした。

その条件で新しいスマホを取り寄せてもらい、
暑い中、片道一時間かけて長い長い手続きを経て
ようやく自宅へ帰り着いた頃でした。

「すみません、お客様のURUBANOは3Gではないので
割引できません。その分電話代の請求に上乗せされます」

今更そんなことを言う!?
もう新しいスマホに全部登録済んでるんだけど!!

そもそも画面右上にはっきり3Gって表示あるじゃない!
3G使えなくなるから買い替えろって、高額な
クーポンまでよこしたのはそっちでしょ!?

と、心では絶叫しつつも

店員さんを責めても何もならないし、
今更スマホを買い替える気力もないので
頷くしかありませんでした。

 3Gと書かれたau URUBANOを使っている方がいらしたら、
買い替えの際は3G割引は効きませんので
他社への乗り換えをおススメします。

1:「最大」21600円割り引くよ!←わーい♪
2:この機種だと1万円割り引きです←そうなんだ

3:実は割引ありませんでした(全部終わって
新しいスマホ手にしてから)

コレはないわ……。auが一気に信用できなくなりました。

長年使ってきたけど、更新時期が来たら
別会社にしようかな……。