昭和の思い出22 お土産のハリセンボン

父はお土産買うのが好きなタイプなのか、
我が家には木彫りのコロポックル人形とか、
琉球衣装を来た人形とか、

北海道から沖縄まで民芸品が色々揃っています。

大半はガラスの戸棚にしまってますが、
別の場所にも飾られてます。

それはいいんですが、問題は沖縄土産の
ハリセンボンのはく製。

膨らんだ状態のものを客間に吊るしてあったのですが、
トゲトゲしてるから掃除がしにくい。

長年積もった埃で表面は変色して
なんとなく薄汚れてるのが客間にあるのは
どうかと思うし、

あと、うっかりしてると当たって痛い。

そういうわけで捨ててほしいと何度も
頼んでるのですが、絶対に嫌だと言う。

だからって自分がキレイにしてくれるわけでもない。

他に沖縄土産は沢山あるのに、なんだって
コレに固執してるのか……。


子供のころはこの手のダサいお土産モノが
嫌いでしたが、

今は「昭和だ……」と一周まわってほっこりした
気分で見ています。

ただしハリセンボンは除く。